『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』|監督:デニス・ベリー|追悼そして生誕80周年記念 2020年限りの特別公開|シャネルが名付け、ゴダールが崇めゲンスブールが囁いた革命のミューズとして、ヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優。その伝説的な人生と映画たち。
監督:デニス・ベリー 追悼そして生誕80周年記念 2020年限りの特別公開

6/13(土)K’s cinemaほか
今年限りの全国順次ロードショー

全国共通特別鑑賞券1,000円(税込)劇場窓口で販売中!
(当日一般1,300円の処)

About the movie

photo gallery

アンナ・カリーナ80歳、
ジャン=リュック・ゴダール90歳を
祝福すべき2020年を目前にして、
2019年12月14日
アンナ・カリーナはパリで逝去。

photo
photo gallery

本作は、パートナーであるデニス・ベリー監督が
万感の思いを込めて作り上げた
アンナへのラブレター(本人談)。

photo2

挿入されている映画などの権利関係上、
本来日本では公開できない作品でしたが、
今回プロデューサーの各方面への尽力により
今年限りという条件で許諾されました。

photo3

アンナ・カリーナは、1940年9月22日デンマークのコペンハーゲンで、遠洋航路船長の父と19歳の母との間に誕生。すぐに別れた両親に代わり保護してくれた祖母が亡くなって孤独を知る。一番遠くの世界に行きたくて、列車に飛び乗り灰色の故国を脱出したのが17歳。パリのサンジェルマン・デプレにたどり着き、彼女は確信した、ここが私の居場所。ココ・シャネルに出会い、シャネルは彼女をアンナ・カリーナと命名した。一躍花形モデルになった彼女を見初めたのがジャン=リュック・ゴダール。『女は女である』『女と男のいる舗道』そして『気狂いピエロ』―時代を画したヌーヴェル・ヴァーグのアイコンとなったコンビの誕生と別れ。音楽界の寵児ゲンスブールもミュージカル映画『アンナ』のために14曲を提供。72年、彼女は自分にリアルなことを表現したいという思いがつのり、完全な男社会のフランス映画界を飛び出し、自ら製作・脚本・監督・出演をしてNYで映画を撮る。さらに歌手としての活動を開始、フランスやヨーロッパだけでなく日本でもツアーを行う…

photo gallary

Theater

都道府県 劇場名 公開日
東北
宮城 フォーラム仙台 7/24(金)
関東
東京 K’s cinema 6/13(土)
神奈川 横浜シネマリン 7/4(土)
栃木 宇都宮ヒカリ座 8/22(土)
中部
愛知 センチュリーシネマ 6/19(金)
長野 長野相生座ロキシー 7/18(土)
近畿
大阪 シネ・リーブル梅田 7/10(金)
京都 京都シネマ 近日公開
兵庫 元町映画館 近日公開